So-net無料ブログ作成

衆議院選挙とランディさん [reading]

2005年9月12日(月)、旧暦8月9日 仏滅。

またもや数日間、更新の間があいてしまいました!

どうも怠け癖がついてきたようでいけません。。。
気が向いたら、さかのぼって更新します。

さて。
今回はちょっとお固い内容です。
このブログでは社会情勢などについては触れないつもりだったのですが
今日は書いてみます。

衆院選が終わりました。

当初から自民優勢とはいわれていたけれど
本当にそうなってしまって私としてはかなり驚きでした。

大多数がなぜにそんなに小泉自民党を支持するのか。
その状態がとても怖い。

私はまったくの無党派層の無宗教派で、共産主義でも社会主義でもなんでもなく、
かつ政治にはかなり疎いです。
必要最低限には新聞やテレビなどから知識は得ているつもりですが
多くを語れるほどのレベルではありません。

でも、とりあえず今の小泉自民党は支持したくない。

郵政民営化や年金や増税や子育て支援と表では騒がれているけれど
それよりも、その後ろに見え隠れする平和から離れていく不穏な空気が
どうにも恐ろしいのです。

今回の選挙結果を受けて私が感じたことと同じような意見を
きっちり文章に書いてくれている方がいらっしゃいました。

作家、田口ランディさんのブログ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

新潮文庫の100冊なイメージキャラクター [reading]

2005年8月13日(土)、旧暦7月9日 先負。

いよいよ夏休み突入。
大人の夏休みは宿題も、休み明けの試験もないのでお気楽そのもの。
「昔に戻りたい…」という人も時々いるようですが、私は絶対学生より前には戻りたくないです。
働いた分だけ稼ぎがあって、試験のない日々のほうがずっといい!

さて。
私がほぼ毎日チェックしているホームページ、ほぼ日刊イトイ新聞のコンテンツの中に
「新潮文庫のささやかな秘密。」というものがあります。
http://www.1101.com/shincho/index.html
タイトルどおり、新潮文庫についてのマメ知識を得られる内容です。

8月12日に更新された記事「第7回 夏の思い出は文庫でも」。
そこでは新潮文庫の100冊の広告キャンペーンの歴史がずらり。

個人的には昭和57年(1982年)の広告、
『坂本くん、大きなことをやろうじゃないか。』がお気に入り。
当時はまだ小学生だったので、この粋なキャンペーンには気が付きませんでした。
教授、色々やってたんですね…。このポスターは欲しかったなあ。

イメージキャラクターは桃井かおりさんから始まり豪華な面々が続くわけですが、
なぜか平成2年だけイメージキャラクターが「アシカ」。
翌年は宮沢りえちゃんになっていますが。
なぜ芸能人に並んで、一年間だけアシカ…???
バブルがはじけて予算がなかったとか…?

そして平成8年(1996年)のキョンキョンに続き、
平成9年(1997年)からはYonda?が定番キャラクターになったようです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

モンスター [reading]

2005年8月11日(木)、旧暦7月7日 先勝。

旧暦ではやっと今日が七夕なのです。

さて。

ただいま会社の同僚(♀)から漫画を借してもらっています。
それはこちら。

Monster (1)

Monster (1)

  • 作者: 浦沢 直樹
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1995/06
  • メディア: コミック

浦沢直樹氏の『Monster』。

相当の人気の漫画のようで、
今借りている2巻をみてみたら、なんと第38刷。すごい!

2巻まで読み終えた時点ではまだこの先の想像すらつきません。
闇の陰謀らしきものは、いったい何なのか。

アマゾンのカスタマレビューなどでも絶賛されている作品なので続きがとても楽しみ。

♪モンスタ~ この私の可愛い人 モンスタ~ 目をさますのよ~♪

はい。こちらはピンクレディーによる「モンスター」でした。
今年のピンクレディーコンサートツアーDVD、ちょっと欲しかったりします。
幼少時は髪が長いという点だけでケイちゃんの方が好きでした。
大人になって、よくよく見てみればミーちゃんの方がべっぴんさん。
しかし現在のお二人。あの年齢で、あのスタイル・体力。素晴らしいです。

話は変わって。
昨晩なにげに見ていたNHK。
「サラリーマン NEO」
http://www.nhk.or.jp/neo/
かーなり面白かった。
8/10~12の3夜連続なので、興味のある方は今日から二日間御覧ください。

NHKのこの手の番組大好きです。
民法だったら今時な若手芸人とか使って俗っぽくなっちゃうのでしょうけれど
その点NHKはマニアックなこだわりのある番組を作らせたらやはりピカイチ。
経営面でいろいろ問題はあるようですが、
それでも私はNHKが好きなのでちゃんと受信料払ってますよ!


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

嬉し恥ずかし雑誌遍歴 [reading]

2005年8月7日(日)、旧暦7月3日 先負。立秋。

暦では今日から秋。
そのせいか今日の風はさわやかで心地よい。
もちろんまだエアコン無しで頑張ってます。

秋といえば、読書。
落ち葉と図書館とベンチと本。
そんなオータムなシチュエーションが訪れるのはまだまだ先ですね。

実際は季節に関係なく、年中なにかしら本を読んでいますけれども。

さてさて。
今日は私の今までの雑誌遍歴をまとめてみました。
その時代に何が好きだったのか、これでよーくわかります。

定期的に買っていたのは、こんな感じだったはずです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

薬指の標本<途中経過>~吉野朔実 [reading]

2005年8月5日(金)、旧暦7月1日 先勝。

本日のタイトルから判断すると、
薬指を標本にしている作業の途中経過報告
というスプラッタな内容を想像されたかもしれませんが。

全然違います。
ホルマリンな世界を期待されてここにいらっしゃった方、ごめんなさい。

タイトルは、小川洋子さんの著書名。
7月28日のブログにも書きましたが、『薬指の標本』ただいま二度目読み中。
会社帰りの電車の中で読んでます。
私が電車に乗ってる時間は乗り換え時間を含めてもだいたい25分くらい。
そしてなぜかいつも自宅最寄駅の二駅前からは急に睡魔に襲われて寝てしまうので、
その分を差し引くと読書時間は15分くらい?

二度目読みは丁寧にじっくり読んでるので、まだ終わりません。

ところで今日読んでいて、ふっと気が付いたのです。
この本の空気と同じ空気の作品を描く漫画家がいます。
『薬指の標本』を、もし漫画化するなら絶対この人でしょう。

吉野朔実さん。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2005年度yonda?応募完了 [reading]

2005年7月28日(木)、旧暦6月23日 仏滅。その2。

2005年新潮文庫の100冊キャンペーン。

小川洋子さんの『薬指の標本』に続き
もう1冊は迷いに迷った結果、吉本ばななさんの『キッチン』を買いました。
※現在は改名されて、「よしもとばなな」と全て平仮名になっています。

これで応募マーク2点が揃った。
昨日応募ハガキを投函してきました。

さあて金のブックチャームは、いつごろ届くかな。

小川洋子さんの『薬指の標本』。
この間の日曜夕方にドトールコーヒーにて2/3くらいを一気に読破。
そして火曜日の帰宅途中の電車にて残り全てを読み終えました。

 

薬指の標本

薬指の標本

  • 作者: 小川 洋子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1997/12
  • メディア: 文庫


続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新潮文庫 Yonda? [reading]

2005年7月9日(土)、旧暦6月4日 先負。

今年も始まってますね、新潮文庫の100冊。
今回はYonda?金のブックチャームがもらえるようです。

私はパンダが大好きで、もちろんYonda?も大好きで、新潮文庫も好きなので
(でも「たれぱんだ」は好きではない。)
今年ももちろん2冊買って応募します。
とりあえず小川洋子「薬指の標本」を購入。
そのときつけてくれたカバーも可愛いっ!!!

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

ドリフな紀伊國屋書店にて、岡崎京子や安野モヨコなど。 [reading]

平成17年6月28日(火)、旧暦5月22日 友引。

蒸し暑いー、だるいー。
うなぎが食べたい。柳川鍋もいいな。

あまりに身体がだるくて、まっすぐ帰宅したらそのまま座り込みそうだったので
通勤途中の駅にある紀伊國屋書店に寄り道。
本屋は涼しくて、静かで、快適。
しかしDVDコーナーから小さな音量で流れてくるドリフDVDの音が微妙に気になる。
「おいーっす」「なまむぎ、なまごめ、なまたまご!」などなど。
なまむぎ…の早口のあれ、あんなにファンクな音楽を使った斬新なものだったなんて
今頃知りました。子供のときは、たんなる面白いものでしかなかった。

岡崎京子さん特集の本を立ち読み。

岡崎京子―総特集

岡崎京子―総特集

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 単行本

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Village Vanguard [reading]

平成17年6月26日(日)、旧暦5月20日 赤口。

用事があったので休日なのに珍しく午前中に起床。
少し外出して、昼過ぎまた帰宅。昼寝。暑い。。。

このままではほぼ引きこもり週末なってしまう!と
夕方になってから出かける準備をするものの、
またおっくうになって結局出ず終い。
梅田ロフトのヴィレッジヴァンガードに行こうかなと思ってたのだけれど。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Cui Cui [reading]

2005年3月3日(木)、旧暦1月23日 大安。

明かりをつけましょ、ぼんぼりにー。
ひな祭りです。

そういえば何年か前に結婚した友人。
色々調べた結果とてもよい日どりということで、3/3の大安に挙式でした。
毎年3/3は大安とか?違いますよね。

さて。
JR大阪駅構内にある本屋さん「ブックスタジオ」。
ここに行くと何かしら欲しい本に出合えるのでお気に入りの本屋です。
比較的新しい書店なので全体的に店内が綺麗だし。

先日もふらりと立ち寄って、一冊の写真集に出会いました。
川内倫子さんの写真集『Cui Cui』。

Cui cui

Cui cui

  • 作者: 川内 倫子
  • 出版社/メーカー: フォイル
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。