So-net無料ブログ作成

W杯で学ぶ [others]

2006年6月11(日)、旧暦5月16日 友引。

2006年FIFAワールドカップがはじまりましたね。

私はサッカーにはほとんど興味がなく、
W杯にもまったく気合が入っていない人種です。

けれど、なんとなく観ていたイングランド×パラグアイ戦。
民放(フジ系)の放映は中継がやかましそうだったので、
落ち着いて観られるNHKBS1にて観戦。

試合運びはよくわからなかったのですが、
とりあえず思ったことは
応戦席のイングランド側には白地に赤の国旗ばかりで、
なぜイギリス国旗が見かけられないんだろう?
というサッカーにはまったく関係のない疑問。

さっそく調べました。

すると。

イギリスはW杯ではUKのそれぞれの4つの国ごとに
(イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド)
参戦が認められているのですね!知らなかった。
さすがサッカー発祥の地。

   

白地に赤十字はイングランド。
青地に白の斜め十字はスコットランド。
白と緑の上に赤い竜はウェールズ。
白地に赤の斜め十字は北アイルランド。

スコットランド・ウェールズ・北アイルランドは
予選で敗退してしまったようです。

こういう国際試合は、
そのスポーツについてだけでなく
思わぬところで勉強になることが多いから楽しい。

そして今は、これを書きながら
全仏テニス女子シングルの決勝を見ていたりします。
テニスの試合中継は昔からなぜかとても好きなのです。
テニス経験はまったくないんですけどね。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 6

山猫庵

ワタシは開始3分のオウンゴール後以降…(;´_`;)
後はワタシのブログに顛末が書かれてますが(^_^;)

むしろ夜中にやっていた
トリニダード・トバゴVSスウェーデンの方が
最後まで緊迫感があって盛り上がってたかも。
by 山猫庵 (2006-06-11 12:04) 

shin_no_blog

お久しぶりです。
イングランドの国旗の件は初めて知りました。
…てっきりイングランド代表=イギリス代表かと。
勉強になりました。
ありがとうございます!!

私もサッカーはあまり詳しくないんですけど、
同期と寮でお酒片手に応援しようかと思ってます。
by shin_no_blog (2006-06-11 16:03) 

ももこ

知らなかった。へーへーへーと頷きつつ拝読。
ワタクシもサッカーにはあんまり興味なし。それでもついつい見てしまうよ。国旗っておもしろいね。こうやって並ぶとキレイです。
by ももこ (2006-06-11 16:25) 

さりー

コメント返しが遅くなりましたー!!!ごめんなさい!
そしてこんなズボラーへnice!を頂き、ありがとうございました。

>山猫庵さん
その後も毎日サッカー、ご覧になっていますか?
私はまったく観てません。
山猫庵さんの夢は、イングランドという点では綺麗にまとまったということで(笑)
うたた寝のときって、へんな夢が多いですよね。

>しんさん
お久しぶりです。
最近すっかりソネブロ無沙汰をしていて、
しんさんのページにもしばらく伺っていないのですが
元気に働いていらっしゃいますか?後でお邪魔しにいきますねー。
イングランドのこと、サッカー好きには常識なのか、どうなんでしょうね?
余談ですが、今年のMTWBに当たりました!

>ももこさん
国旗は、シンプルだけれどもちゃんと各国の意味がこめられている
グッドデザインの典型ですよね。
私は日の丸のデザインも日本(あえてニッポンと呼びたい)らしくて
とても素晴らしいと思ってます。
ところで国旗って、どういう人がデザインして、誰がそれを国のものと
決めるのでしょうね?また疑問がひとつ発生してしまいました。
by さりー (2006-06-17 20:45) 

とかとか(mixiでのあだ名)

はじめまして。mixiの友達の友達をたどって
面白いネタがあったのでついコメントを
書かせていただきたく。。

もともと英国は4つの王国がありました、上記記載のもの。
ちなみに、チャールズ皇太子は
「プリンス・オブ・ウェールズ」という肩書きでした。

旧王国ではそれぞれの言語もあり、
公用語が今の英語になったのは、
歴史あまり詳しくないですがイングランドが
統一したということなのかなぁ、と。

政治的にはおそらく
「グレートブリテン・アンド・リパブリック・オブ・アイルランド」
という一つの国だったと思います。
で、4つの国旗を混ぜてみたのが英国の国旗って感じで。
「ユニオン・ジャック」といいます。(ウェールズ色が少ないが、、)

それがスポーツの世界になると、
オリンピックは確かGBRとして1カ国ですが
サッカーは確かに旧王国単位なんですよね。

これはこれでいいのですが、一体となったら
結構強いんじゃないかな~と思います。
スコットランドと北アイルランドは単体で出場経験
ありますからね。

#最後に。
  実は幼少のおりイギリスにいました。
  チャールズ皇太子と故タイヤナ妃の
  結婚の時いたのです。今でも実家に
  当時の記念マグカップがあり、
  実は悲しい・・・・
  まぁ人生いろいろなのでやむなしですが。
by とかとか(mixiでのあだ名) (2006-12-20 23:25) 

さりー

とかとか様、はじめまして!
もう何カ月も放置しているココに、
なんとなく気が向いて数カ月ぶりにログインしてみたら
昨日にコメント記入があるではないですか。
お返事遅れにならずに気がつけて良かったです。
mixiの方もやはり最近は完全放置状態な私ですが。
どこの友達経由なのか気になるところ。今度調べてみますね!

さて。
とってもわかりやすくて、なるほどなコメントをありがとうございました。
「グレートブリテン・アンド・リパブリック・オブ・アイルランド」
とは長い名前ですね!初耳でした。

イギリスへは私は行った事すらないのですが、
兄弟のように親しくしている従姉兄がやはり幼少時イギリス暮らしだったので
色々な話を聞いていたり、写真をみていて、なんとなく親しみは感じています。
英語もアメリカン英語よりクイーンズイングリッシュの響きの方が好きですよ。
記念マグカップは是非大事になさってくださいね!
by さりー (2006-12-21 21:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。